子連れ出勤OK!「お互いさま」の環境で働くために必要なこと

結婚して子どもができたら、女性が仕事を続けることはなかなか難しい。

女性の活躍が叫ばれている昨今でも、その印象がぬぐいきれていないのが現状ではないでしょうか。
「婚活に関するサービスを提供している会社だからこそ、そこを解決していくべきだと思っています」
そう語るのは日本婚活教育協会 代表理事の佐藤さん。

今回の求人は、婚活に関するサービスを提供している日本婚活教育協会の事務スタッフです。主な仕事の内容は、運営する「婚活の学校」に入会される方への手続きや、セミナーの日程調整などの対応がメイン。

「ある程度はマニュアル化しており、業務自体はそこまで複雑ではありません。しかし、会員さま1人ひとりによって事情は異なるので、そういったところに配慮ができて臨機応変に対応することは必要です。クオリティの高さは求められます」

「例えば、地方から東京のセミナーに参加される方が事前締め切りの申込みを忘れて、当日にいらっしゃった場合、『申込みをされていないので参加できません』と突っぱねてしまうのはどうなの?ってなりますよね。
確かに申込みを忘れていたのは基本的にNGですが、わざわざ地方からいらっしゃった背景があるのであれば、関係者に相談・確認して、対応を検討した方がよいのではないか?と気づいてほしいですね」

当たり前かもしれませんが「マニュアルに書いてあることだけ」ではなく、自分で考えて仕事をすることが求められます。

ママを採用するには理由がある。そのためにしていること

「優秀なママなのにお子さんがいらっしゃることで就業条件があわず、働けない方が多いのはもったいない。
それと、婚活というサービスを提供するうえで、人に共感できることはとても大事なんです。その点だとパパよりママの方が婚活への興味関心が高い。ですので、基本的にはお子さんがいらっしゃる女性の方をメインに採用しています」

ママをメインに採用するにあたり、そのための仕組みや環境づくりには目をみはるものがあります。

「まず、小さなお子さんがいるとちょっと出かけ間際にぐずったりすると遅刻してしまいますよね。そのたびに謝りながら出勤するのは心苦しいと思うので、まずは遅刻・早退といった概念を無くそうと思い、10分制の時給にしています」

これ、思わず「いいですね!」と言ってしまったルールその1です。
10分勤務で200円なので1時間あたりの時給は1,200円。
出勤・退勤も申告制なので、働き始めた時間が始業時間になります。

「基本的に自己申告制にして、どの程度働いたかの判断はお任せしています。
勤務の途中で保育園にお子さんを迎えにいって、また戻って仕事をされる方もいらっしゃいます。その場合は送り迎えの時間をカウントせずに勤務時間のみを申請するといった具合です。いまのところ特に支障はありませんね」

なるほど。かなりフレキシブルな働き方ができますね。
ちなみにこちらの職場、子ども連れの出勤もOKです。小さな子どもがいる環境で働くのって、周りにも気を遣うし仕事にならないような気もしますが…そうでもないようです。

「お互いさま」の環境をつくることでのびのび働ける?


↑実際のオフィス環境。PCはmacなので使い慣れていない方は少しずつ覚えていってもらえれば!

「確かに子どもが泣いたり騒いだりしますが全員お互いさまなので気にしませんね。皆さん他人の子だと可愛がって、自分の子に厳しい傾向があります(笑)。
子どもがいるので休む前提、騒がしい前提なところがありますので、逆にいうと子育てをした経験がない人は採用しづらいです」

お互いさま、の環境をつくるためにそこまで振り切るのってなかなかできることではありませんよね。

「現在事務所として新築マンションを借りています。マンションであればお子さんが粗相をしてもシャワーで丸洗いできるので便利かと思いまして。
ただ、規模も大きくなってきたのでそろそろオフィスに移転する予定もあります。その際は職場とキッズスペースをガラス越しにつくって、保育士も完備したいと思っています」

もし移転するとなっても、働くママのための環境づくりが最優先なんですね。

働く環境だけでも魅力的ですが、他にも他社と違うポイントがなにかありますか?とお聞きしたところ、まだまだありました。

ママが気持ちよく働くための「なるほど」な心づかい

「ママさんの誕生日月に、勤務のヒアリングも兼ねて希望する一流ホテルのランチをご馳走しています。さらにそれとは別に1万円もプレゼント。
お子さんの誕生日にも楽しむ時間をつくってもらうためにお食事代をプレゼント。
あと、夫の方の誕生日にも1万円をプレゼントしています」

なんとパパにも誕生日プレゼントを贈呈する太っ腹ぶり!思わず「いいですね!」と言ってしまったルールその2です。

「全ての夫の方がそうとは言えませんが、奥さんが外で活躍する姿に嫉妬してしまう方もいらっしゃるんですね。
こちらとしてはママさんにできるだけ気持ちよく働いて、長く続けて欲しい。そのほうが技術・経験が向上してパフォーマンスを最大化できるので。
そのために会社と家族との接点を年に3~4回持って、家族ぐるみでお付き合いいただけたらなと思っています」

なるほど。ママが気持ちよく働くためにはそこまでしなくてはいけないのか、と少し悲しい気もしますが、会社が援護射撃してくれるのは嬉しいですね。

その他にも、子どもがインフルエンザなどで長期間出勤できない場合は在宅での勤務に切り替えができたり、急な欠勤時の引継ぎも必要ないようにタスク管理もシステム化していたりなど、ママのためにできることは叶えるし、それでも仕事は効率的に、という考えがキチンと形になっている印象をうけました。

現在の勤務地は品川駅から徒歩圏なので、交通の便も◎
勤務時間も自由ですので通勤ラッシュを外して出勤することも可能なのが嬉しいですね。一週間のうち、出勤日も自由に決めてもらってOKとのこと。(ただし週4日以上がキホンです)

子どもがいるけど働きたい。だけど保育園が決まらない…というママには、子連れ出勤OKなのでとてもオススメな今回の求人。
今後継続的に求人は出す予定とのことですが、早めにお話しだけでも伺ったほうがよいかもしれません!

[ 会社情報 ]

一般社団法人 日本婚活教育協会
設立:2010年
事業内容:結婚支援、婚活教育、セミナー運営、教育教材販売、コンサルティング
代表理事:佐藤友和
URL:http://petersburg.jp/
メディア掲載実績:NHK「おはよう日本」、フジテレビ「ノンストップ!」、TBS「白熱ライブ ビビット」など多数。

「結婚の学校」などの婚活サービスを展開。いわゆる結婚相談所ではなく、恋愛や結婚が思うように進まない男女のための自分磨きの学校です。

この企業・店舗が募集している求人

\ いいね!と思ったらぜひシェアを /

ママの求人編集部

ママの求人オフィシャル

ママの求人編集部

  • Twitter
  • Facebookページ

ママの求人を運営するママの求人編集部です。みなさんのお悩みを募集しています!

公式サイト

http://mama-9jin.com/

カテゴリー一覧

  • プロに聞け!
  • トレママ
  • はじめてのママ就活
  • ママ求コラム