丸本チンタのイラスト
ブログで漫画を公開していると、ブログそのものへのコメントはもちろん、TwitterやFacebookなど、いろんなところから、たくさんのメッセージをいただきます。

基本的にはあたたかい応援のメッセージが多く、活動の支えとなっています。

その反面、やはり心ないメッセージが届くこともあるんです。

娘が生まれた時、イラストや漫画の仕事が途切れたのですが、そのことを包み隠さずブログなどに書いたせいもあって、「働けクソ野郎」「私が奥さんなら家から追い出す」などのメッセージがけっこう届きました。

毎日保育園に娘のお迎えに行き、スーパーに寄って、夕食を作るなど家事をこなし、イラスト関係の収入も奥さんよりは少ないもののある程度確保できている現在でも、そういった声は聞こえてきます。

たぶんイラストを描く仕事って、収入の相場が一般の人にはまったく想像ができないのと、家事の部分を評価してもらえていないせいなのかなと思います。

家事ってたいへんな仕事だと僕は思うんですけど、評価されにくいんですよね。それは男女が入れ替わっても同じです。

そうは言っても、正直なところ僕も褒められるほどきっちり家事をこなしているわけではありません。しんどいときは手を抜きますしね。

でも、うちの奥さんは「毎日ありがとう」と言ってくれるし、娘は「パパの作った料理が一番おいしい」と言ってくれます。

だから、知らない人から「クソ野郎」と言われても、明日も頑張ろうと思えるんです。

\ いいね!と思ったらぜひシェアを /