<<前回のお話はこちら
【第3話】ブランク10年目の挑戦~アラフォーママ、初めての転職~

【第3話】ブランク10年目の挑戦~アラフォーママ、初めての転職~

【第3話】ブランク10年目の挑戦~アラフォーママ、初めての転職~

【第3話】ブランク10年目の挑戦~アラフォーママ、初めての転職~

【第3話】ブランク10年目の挑戦~アラフォーママ、初めての転職~

【第3話】ブランク10年目の挑戦~アラフォーママ、初めての転職~

さくらは、条件にあう求人を見つけたら片っ端から受けてみるものの、やはり時間的制限も多いからか、なかなか受からず悩む日々を送っていました。これまでは持ち前の明るさとやる気で乗り切ってきたさくらは「制限は多いけれど、面接で人柄を見てほしい」と思うものの、なかなか面接まで進むことができませんでした。

元々夫はさくらが働きにでることに乗り気でないこともあってか、就活中だからといって家事育児の分担が変わるわけではなく、日々の就活疲れから、いつしか家事も手が回らなくなっていました。

そんなある日、いつもより早く帰ってきた夫に、散らかった部屋を見られてしまい焦るさくら。
散らかっていることが一番嫌いな夫のために、いつもは毎日帰ってくるまでにキチンと片付けていたのだけれど・・・。

そして夫に決定的な言葉を言われてしまいます。
「仕事するのはいいけど、自分ができる範囲でやってよ?
仕事始めたからって、俺や子どもたちにしわ寄せがくるのはやめてくれよ。それなら、専業主婦のままで家事育児を完璧にしたほうがいいんじゃないか?」と―。

“それができるなら私もそうしたいよ。でも、そうはいっても、このままでは家計はまわらないよね?
貴方が収入を増やすか、私が働き始めるか、しかないよね?”

苦い気持ちをぐっと飲み込んださくらでした。

就活は一人じゃない!周りの理解と協力を

夫・祐介から冷たく言い放たれてしまった主人公・さくら。ぐっと堪えたの、すごいですよね。
これだけ男性の育児参加が叫ばれるなかでも、まだまだ「妻には家を守ってほしい」「家事・育児は妻の仕事」という昔ながらの考えの男性も多いのが現実。
凝り固まった考えを変えるのはなかなか難しいかもしれませんが、そんな夫に悩むママにぜひ参考にしてほしい『ヘルプシーキング』についてご紹介します。

『ヘルプシーキング』でワンオペ脱出!

あなたは上手に人を頼れてますか?
家事や育児は自分の役割だと信じ、すべて自分で担うことが「当然」だと思っていませんか?
もしくは夫や姉妹、自分の親、義両親など誰かを頼ることがあっても、「罪悪感」「申し訳なさ」を感じていませんか?
『ヘルプシーキング行動』とは、周囲に援助や支援を求める行動のことを指します。そんなのできるなら初めからやってるよ…と思うかもしれませんが、ここでは上手な頼り方や具体的な事例をご紹介しています。
>>もっと詳しく読む

すぐに面接で勝負!?書類選考不要の求人も!

なかなか面接まで進めずに就活に疲れてきている主人公・さくらですが、なかには履歴書不要の求人も。
一般的には、書類選考→面接→内定という選考フローが基本ですが、「書類選考不要」「応募者全員と面接します」という企業や求人もあります。
面接にさえ進めたら、面接でならアピールできる自信がある、という人はそういった求人を探すことをオススメします。
>>履歴書不要・職務経歴書不要の求人から探す

Web面接が基本の在宅ワークも視野に!

在宅ワークは、日本だけでなく海外在住の方も在宅ワーカーとして勤務していたりと、場所を問わず働けるメリットがあります。「在宅ワーク」のほかに「テレワーク」「ノマドワーク」という言い方をされることもあり、必ずしも「在宅=自宅」という縛りはなく、PCやタブレット端末、Wi-Fi環境などがあれば近所の喫茶店や電源カフェなど、どこでも仕事場にできる特徴があります。
テレアポ業務などの会話が発生する業務や、ネット環境の指定がある場合など、全ての求人に該当するわけではありませんが、その利便性の良さから年々在宅ワーク・テレワーク・ノマドワークの市場は拡がっています。

そういった働き方のため、選考フローもSkypeやチャットワークなどのツールを使ったWeb面接(面談)や、電話面談を行う企業が大多数です。
働くママにとって、場所を問わない柔軟な働き方がかなう在宅ワークは特にオススメです!
>>在宅ワーク求人から探す

面接に備えて準備しよう(見た目編)

「面接は第一印象でほとんど決まる!」などの言葉を耳にしたことがあるかもしれません。
実際にアメリカの心理学者、アルバート=メラビアンが提唱する初対面での判断基準は、視覚情報55%、聴覚情報38%、言語情報7%というのは有名なお話です。
そこで、気をつけたい面接時の身だしなみについてきちんとチェックしておきましょう!

●アルバイトの面接もスーツのほうがいいの?
●パンツスーツよりスカートの方が印象がいい?
●靴はパンプスやヒールが絶対?
>>ちょっと不安・わからなかった人は要チェック!

面接に備えて準備しよう(心構え編)

「子どもがいたり、離職期間が長いと、再就職は難しいですか?」
再就職に関して、多くの女性からいただく質問について、女性の再就職支援を行う協会理事の先生に話を伺いました。

●長時間勤務や急な残業は難しい。
●子どもの体調不良で早退や欠勤をお願いしなくてはならないときもあるかもしれない。
●長期休みは、勤務日数や時間を減らしたい相談はできるのだろうか。

仕事をしたい気持ちがあっても、そんな状況を不安を抱えるママたちへ。
この不安な気持ちを抱えたまま就活を進め、面談に臨むことはちょっとお待ちください!
>>続きを読む

ママ向けの求人探し

ママの求人では、ママが“本当の意味で家庭と仕事を両立しながら”働ける、そんな求人情報を厳選しています。
ぜひチェックしてみてくださいね。
>>事務・オフィスワーク求人から探す
>>接客・販売スタッフ求人から探す

\ いいね!と思ったらぜひシェアを /