<<前回のお話はこちら

親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記:第3話

親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記:第3話

親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記:第3話

親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記:第3話

親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記:第3話

親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記:第3話

親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記:第3話

親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記:第3話

親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記:第3話

親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記:第3話

親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記:第3話

親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記:第3話

親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記:第3話

親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記:第3話

親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記:第3話

*****

思いやりのつもりが、どんどん裏目に出る晴彦…!

美海の体調は悪化していく一方ですが、それでも出勤しなければ…という焦りが出てきてしまいます。

でも幸い、美海の職場の人たちの妊娠に対する理解度が高そうですね。周りが手を差し伸べてくれたおかげで、しっかり休むことができるようになりました。

それでも頭の中は業務のことでいっぱい。

自分が担当する利用者さんたちが心配でたまりません。働くことと、妊娠生活を両立することは、本人のやる気だけでどうにかなるものではないですね。

*****

つわりを憎んで8年目、耳たぶ吸ってたも〜れです。こんにちは。

私のつわりは、水を飲んでも吐く、頭を右にしても左にしても吐く、吐くものが無くなって胆汁を吐く、トイレの床で寝込む、みたいな生活でした。病院で点滴してもらって生き延びていましたが、病院に通う体力もなく…。

こんなに苦しいのに「妊娠は病気じゃない」と言われ、特効薬もなく、本当に現代なのかと驚きました。

「上司が付き添いで受診」は、私の実際のエピソードです。上司も仕事柄受診同行には慣れているとは言え、若い女性の部下と産婦人科には行きにくかったことでしょう。今にして思えば、本当によくここまでしてくれたというか、普通ここまでしてくれないですよね。

色んな判断が冷静にできなくなっていたタイミングで、方向性を整えてくれた上司達には感謝しかありません。

「母性健康管理指導事項連絡カード」の存在も、この時、上司が教えてくれました。

病休取得後は、少しホッとしたことを覚えています。つわりは一向に良くなりませんでしたが…。

この後、美海はどうなっていくんでしょうね。つわり頑張れ…。

※この物語に登場する人物・団体・名称等は架空のものです。

続きはこちら>>

介護・福祉ほかオススメ求人

★保育士とは★
「保育士」とは、0〜18歳までの年齢を対象とした福祉の専門職です。保育園で働くイメージが強いですが、活躍の場はさまざまで、保育士が働く場所は児童養護施設、障害児童施設、児童相談所、助産施設、児童家庭支援センター等があげられます。そのほか、最近だと企業内保育施設や託児所など、保育士の活躍の場はますます広がっています。
文責:ママの求人

 

★ソーシャルワーカーとは★
「ソーシャルワーカー」とは、個人と個人を取り巻く環境に働きかけて、個人と社会の問題解決を目指す仕事です。社会福祉に従事する専門職を総称してソーシャルワーカーと言い、その中には国家資格である社会福祉士や精神保健福祉士、介護福祉士などが含まれます。
ソーシャルワーカーは、病院の相談室や児童相談所、地域包括支援センター、社会福祉協議会など生活の身近な場所で働いています。
文責:ママの求人

★社会福祉士やソーシャルワーカーのお仕事をしたい!そんなママはコチラ

★まずは在宅ワークで腕試し!そんなママはコチラ

>>【まとめ】夫の扶養から抜け出したい~専業主婦の挑戦~

\ いいね!と思ったらぜひシェアを /