<<前回のお話はこちら

【第9話】親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記

【第9話】親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記

【第9話】親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記

【第9話】親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記

【第9話】親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記

【第9話】親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記

【第9話】親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記

【第9話】親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記

【第9話】親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記

【第9話】親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記【第9話】親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記【第9話】親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記

【第9話】親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記

【第9話】親になったの私だけ!?社会福祉士ママと保育士パパの子育て奮闘記

保活を決意した美海、まずは役所へ相談にいくことに。
そこで想像以上に厳しい現実を知ることになりました。
他の入所申し込み者たちがライバルになってしまう苦しさ。
それでも保活をしないわけにはいきません。

相変わらず他人事な夫・晴彦にキレつつも保育所見学へいく美海。
でも初っ端から、なにやらすごい園に当たった…!?

*****

こんにちは。耳たぶ吸ってたも〜れです。

保活…ホントしんどいですよね。保活をする際に切っても切れない場所、それが役所です。
役所ってよくわからないし、行くのも気が重い…という人も多いかと思います。

役所の窓口では、基本的なことは平等に説明してくれますが、+αのことになると個別性が高いので、こちらから質問を投げかける必要がある、というのが私の経験則です。
保活中、情報を適切に集めるためのポイントは「疑問と不安を切り分ける」だと思います。私の失敗と経験から少しお話しします。

①「確認したいことは事前にまとめておく」
②「詳しい人が窓口に出てくるとは限らない」
③「答えられることと答えられないことがある」
④「『不安な気持ち』と『質問』は切り分けておく」

簡単に補足すると、
②は主担当ではない・詳しくない担当が窓口に出てくる場合もあります。その場で他の人に確認してもらうか、日を改めて回答をもらう、という方法もあり!
③は担当者が答えられないのにも、単に知らない、そもそも管轄外の質問、役所の職員の立場から制約上答えられない、など理由はさまざま。それがどれかを判断するのは難しいので、その時はスッと引いた方が時間に無駄がありません。

以上4点が私の感じたことでした。
自分がア●ネーターになったつもりで、ガンガン質問してみてください。

私は割と疑問が浮かびやすいタイプな上に、不安感が強くなりやすいタイプなので、保活に限らず子供が乳児の頃は結論の出ない問いをあらゆる場面で繰り返し、グルグルと迷走していましたね…。
不安をどこかで切り離して考えられると万事楽になれそうだな〜…と未だに考え中です。

※この物語に登場する人物・団体・名称等は架空のものです。

続きはこちら>>

介護・福祉ほかオススメ求人

★保育士とは★
「保育士」とは、0〜18歳までの年齢を対象とした福祉の専門職です。保育園で働くイメージが強いですが、活躍の場はさまざまで、保育士が働く場所は児童養護施設、障害児童施設、児童相談所、助産施設、児童家庭支援センター等があげられます。そのほか、最近だと企業内保育施設や託児所など、保育士の活躍の場はますます広がっています。
文責:ママの求人

 

★ソーシャルワーカーとは★
「ソーシャルワーカー」とは、個人と個人を取り巻く環境に働きかけて、個人と社会の問題解決を目指す仕事です。社会福祉に従事する専門職を総称してソーシャルワーカーと言い、その中には国家資格である社会福祉士や精神保健福祉士、介護福祉士などが含まれます。
ソーシャルワーカーは、病院の相談室や児童相談所、地域包括支援センター、社会福祉協議会など生活の身近な場所で働いています。
文責:ママの求人

★社会福祉士やソーシャルワーカーのお仕事をしたい!そんなママはこちら
∟時短勤務OK・提携保育園ありなど好条件の求人多数♪
★まずは在宅ワークで腕試し!そんなママはこちら
∟経理事務スタッフ・コールスタッフ・ライターなど♪

>>【まとめ】夫の扶養から抜け出したい~専業主婦の挑戦~

\ いいね!と思ったらぜひシェアを /