<<前回のお話はこちら

ワーママたちのRe:START(スタート)6_1
ワーママたちのRe:START(スタート)6_2
ワーママたちのRe:START(スタート)6_3
ワーママたちのRe:START(スタート)6_4
ワーママたちのRe:START(スタート)6_5
ワーママたちのRe:START(スタート)6_6
ワーママたちのRe:START(スタート)6_7
ワーママたちのRe:START(スタート)6_8
ワーママたちのRe:START(スタート)6_9
ワーママたちのRe:START(スタート)6_10
ワーママたちのRe:START(スタート)6_11
ワーママたちのRe:START(スタート)6_12
ワーママたちのRe:START(スタート)6_11-12
ワーママたちのRe:START(スタート)6_13
ワーママたちのRe:START(スタート)6_14
ワーママたちのRe:START(スタート)6_15
ワーママたちのRe:START(スタート)6_16

こんにちは。tomekkoです。

結局、子どものインフルエンザをばっちり移され、責任者という立場でありながら一番忙しい時に2週間もの長期間出社できず。

一世代前の稀少種企業戦士系ワーママ・高峯さんにだけは、きっぱりと厳しく言われた令子。

ただ、厳しく責められるよりもずっと、心に刺さったのは同僚からの当たり障りの無い言葉でした―。

環境は違えど皆さんも一度は経験したことがある“ワーママあるある”ではないでしょうか?

せっかくのチャンスをものにできずますます落ち込む令子の姿に、手助けをした椿も自責の念を感じてしまったようです。

この回で、同僚・椿の姿には、まだ子どもがいなかった時代の私・tomekko自身の価値観も重ねています。

働くママたちの実態を知らないまま、仕事にも育児にも自分磨きにも手を抜かない「カッコイイワーママ」という勝手な理想像を、求めてしまっていたなぁ…

対等に接し応援してくれていても、実はそれって令子の夫・和昭の思考と同じなのかもしれませんね。(椿は仕事を肩代わりしてくれましたが)

最後のコマ、皆さんは令子の後ろ姿に、どんな心の声を感じたでしょうか?

次回もお楽しみに。

ママの求人のオススメ求人