<前回のお話はこちら

ワーママたちのRe:START(スタート)12_1ワーママたちのRe:START(スタート)12_2ワーママたちのRe:START(スタート)12_3ワーママたちのRe:START(スタート)12_4ワーママたちのRe:START(スタート)12_5ワーママたちのRe:START(スタート)12_6ワーママたちのRe:START(スタート)12_7ワーママたちのRe:START(スタート)12_8ワーママたちのRe:START(スタート)12_9ワーママたちのRe:START(スタート)12_10ワーママたちのRe:START(スタート)12_11ワーママたちのRe:START(スタート)12_12ワーママたちのRe:START(スタート)12_13ワーママたちのRe:START(スタート)12_14ワーママたちのRe:START(スタート)12_15ワーママたちのRe:START(スタート)12_16ワーママたちのRe:START(スタート)12_17

こんにちは。tomekkoです。

社会は本当にさまざまな職業で成り立っています。
今までは一度現場を離れるとやり直しが難しかった職種がSNSの発展とともに活躍の道を増やした一方、最も多い事務系職種もコロナ禍で大きく条件が変わってきました。

業務のオンライン化、リモートワーク化が進んだ結果、子どもやペット、それぞれの家族の事情が垣間見えるなどのメリットもあった反面、女性たちの思いは…

出産育児や、家族の介護、病気療養など…これまでは一部の社会的弱者がいくら訴えても変えられなかったことが、マジョリティ層が対象になるとあっという間に変わる現実。

そんな会社の手のひら返しに唖然としたという声も聞かれました。

でも大事なのはきっと、ここから。

本当に取り戻すべき日常と、コロナと一緒に葬り去るべき慣習。
社会をそのまま元に戻すのではなく、正しい取捨選択をしてあるべき姿に推し進めることができるのは、このパンデミックを経験して本当に大切なものに気づいた全ての人たちなのだと思います。

次回もお楽しみに!

>>13話目はこちら

<<前回のお話はこちら

ママの求人のオススメ求人