<<前回のお話はこちら求人を見つけたら今度は履歴書や職務経歴書の作成、その先には当然面接が待っているわけですが・・・専業主婦の私は自信を失っていました「経歴書はいいとして…面接が…家事と育児しかしていない私の強みって…何?」でも、面接を受けたり仕事を始めた後に気づきました『鍛えられるマルチタスク』『ママならではの情報網やコミュニケーション力』専業主婦であることは決してマイナス要素ではなかった!

前回、たくさんの壁にぶつかりつつも、何とか見つけた求人情報。

これからが就活本番です!!

ですが…
約4年間、専業主婦をしていた私は「家事育児だけの生活の今の私に、企業にアピールできる強みなんてあるのかな…」と完全に自信を喪失していました。

採用担当の方に「うちの会社で活躍してくれる!」と思っていただくなんてハードル高すぎる…

でも実際に面接を受け、その後働き始めてから気づいたことは
『専業主婦期間はブランクでもなんでもなかった!!』ということです。

1度社会に出ていることや、子どもの通院・健診・幼稚園・ママ友とのお付き合いでコミュニケーションスキルが上がっているのか、面接は緊張しつつも思ったよりスムーズでしたし

『複数の物事を同時進行したり順序だててこなす力』
『トラブルを見越して早めに行動したり、準備を抜かりなくす予測力』

そんな力がついているのを実感しました。

あれ…私、専業主婦期間にむしろ成長している!?

次回もお楽しみに!

第4話はこちら>>

\ いいね!と思ったらぜひシェアを /